ここから本文です

ヒラメ試験操業 9月1日開始へ いわき市漁協など示す

福島民報 8/19(金) 8:41配信

 いわき市漁協と小名浜機船底曳網漁協などの底びき網漁業者らでつくる底びき部会は18日、ヒラメの試験操業を9月1日に開始する方針を示した。
 試験操業は漁船29隻が週2回実施する予定。福島県内では漁獲できるヒラメを体長30センチ以上としているが、試験操業では高値を維持するため50センチ以上とする。ヒラメ1匹の重さは1.5キロから4キロほどとなり、当面、操業1回当たりの漁獲量は1隻で20キロ程度になる見込み。
 ヒラメは6月に出荷制限が解除された。県漁連は既に8月末までに試験操業対象魚種にヒラメを追加する方針を示している。

福島民報社

最終更新:8/19(金) 9:36

福島民報