ここから本文です

JAL、イベリア航空との共同事業で独禁法適用除外認可を取得

レスポンス 8月19日(金)13時15分配信

日本航空(JAL)は、国土交通省から日本=欧州路線における共同事業にイベリア航空を加えることについて独占禁止法適用除外(ATI)認可を取得した。

[写真:マドリード空港]

JALは、2012年10月にブリティッシュ・エアウェイズと同路線で共同事業を開始し、2014年4月にはフィンエアーを加えて現在3社での共同事業を展開している。

今回の認可を受け、イベリア航空が成田に就航する10月18日から、イベリア航空を加えた4社での共同事業を開始する。詳細については今後、具体的に協議していく。

イベリア航空は約20年ぶりにマドリード=東京(成田)直行便を就航する予定。日本とスペイン間の往来に加え、スペインを経由した欧州、南米地区、アフリカへの旅客の増加も見込まれるとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月19日(金)18時7分

レスポンス