ここから本文です

【北九州記念】ベルルミエール重賞初Vへ 馬なりで軽快リハ

デイリースポーツ 8月19日(金)6時3分配信

 「北九州記念・G3」(21日、小倉)

 重賞初勝利を目指し、ベルルミエールが18日、栗東CWを軽快に駆け抜けた。単走で終始馬なりのまま4F52秒5、ラスト1F12秒5なら文句なし。この中間から着用しているシャドーロールの効果もあってか、最後まで頭が上がる悪癖を出すことなく最終調整を終えた。「この馬とコンビを組むのは3回目ですが、今回が一番感触が良かった」と手綱を取った太宰は満足げだ。

 高橋亮師は「さらりと流しただけだが、輸送もあるからこれぐらいで十分。昨年3着に入っているレースだし、今年も期待したい」と笑みを浮かべた。ハンデは前走(CBC賞5着)と同じ53キロ。鞍上は「ベルカントとは3キロ差あるし、ハンデ差を生かして。あとはスタートに注意したい。この馬の力を出し切れば」と野心を隠さなかった。

最終更新:8月19日(金)8時37分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。