ここから本文です

阪神・北條、女子レスリング・土性の金メダルに刺激!再会まで1軍に

デイリースポーツ 8月19日(金)6時3分配信

 阪神・北條史也内野手(22)が18日、リオ五輪レスリング女子69キロ級で金メダルを獲得した土性沙羅(21)に刺激を受けた。2人は同級生で、虎党の土性は北條のファン。7月20日に甲子園を訪れ練習を見学した土性は、その時に撮った2ショット写真などを自身のツイッターに載せていた。

 「覚えています。リストバンドをプレゼントしました。自分のファンであること?知らなかったです」と北條。前夜は広島戦後に準決勝までテレビ観戦。ルールは知らなかったが、実況を聞きながら理解していったという。

 帰国後は土性があらためて甲子園に来場する可能性もあり、「その時まで、自分が(1軍に)いられるよう頑張ります」と気合十分。19日からは巨人3連戦。今季同カードは打率・114とセ5球団でワースト。東京ドームでも同・125だが「問題ないです」と頼もしい。胸を張って金メダリストを迎えられるよう、まずは苦手Gからフォールを奪う。

最終更新:8月19日(金)7時56分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]