ここから本文です

【ウエスタン&サザンOP】錦織8強逃す!五輪組お疲れ…ナダルも敗退

東スポWeb 8月19日(金)11時41分配信

【オハイオ州シンシナティ18日(日本時間19日)発】リオ五輪テニス男子シングルスで銅メダルを獲得した世界ランキング7位の錦織圭(26=日清食品)はマスターズ大会「ウエスタン&サザン・オープン」3回戦でバーナード・トミック(23=オーストラリア)に6―7(1―7)、6―7(5―7)で敗れ、8強入りを逃した。

 前日の2回戦こそ役者の違いを見せる勝利だったが、この日のストローク戦では大事なところでミスを連発。第1セットは5―4で迎えたサービスゲームをブレークされ、タイブレークでも精彩を欠いた。第2セットもトミックを突き放せず、タイブレークでも最後はリターンがネットにかかって終戦となった。

 この日は五輪3位決定戦で錦織と死闘を演じたラファエル・ナダル(30=スペイン)も3回戦で格下選手に敗れる波乱が…。両者とも疲労の色は隠せなかった。

最終更新:8月19日(金)13時35分

東スポWeb