ここから本文です

Microsoft、「PowerShell」をオープンソース化し、LinuxとOS X版を提供

ITmedia ニュース 8月19日(金)8時53分配信

 米Microsoftは8月18日(現地時間)、Windowsに標準で備わるシェル/スクリプト言語「PowerShell」をオープンソースで公開したと発表した。Linuxおよび米AppleのOS X版をGitHubからダウンロードできる。

Windows 10のPowerShell

 PowerShellは、.NET Framework上で構築されたタスクベースのコマンドラインシェル/スクリプト言語で、Windowsの管理の自動化などに利用できる。今回のオープンソース化により、LinuxとOS Xの管理の自動化も可能になる。

 同社はLinux向け「PowerShell Editor Service」も提供する。これにより、ユーザーは「VC Code」や「Sublime」など普段使っているエディタでPowerShellを使える。

 PowerSellはまた、「MicrosoftのOperations Management Suite(OMS)」との統合により、Azure、AWS(Amazon Web Services)、Windows Server、Linux、VMware、Google Cloud Platform、OpenStackなどのプラットフォームでアプリケーションやワークロードを管理できるようにする。

 Microsoftはサティア・ナデラCEOの下、「マルチプラットフォーム、マルチクラウド、マルチOS」戦略を進めている。PowerShellのオープンソース化は、.NETのオープンソース化、Linux版「SQUL Server」、Windows 10への「Bash」の追加に続くものだ。

最終更新:8月19日(金)8時53分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]