ここから本文です

ネガティブな独白をしながら飯を食う「鬱ごはん」3年ぶり新刊、特典も

コミックナタリー 8月19日(金)12時37分配信

施川ユウキ「鬱ごはん」の2巻が発売された。

「鬱ごはん」は就職浪人中の鬱野たけしが、鬱々としたネガティブな、しかしどこか共感できるモノローグとともにご飯を食べる異色のグルメマンガ。2010年よりヤングチャンピオン烈(秋田書店)にて連載中で、1巻は2013年に発売された。秋田書店のサイトでは、試し読みページが公開中。

【この記事の関連画像をもっと見る】

購入特典として、書泉・芳林堂書店、COMIC ZIN、喜久屋書店ではイラスト入りのペーパーやカードが用意されている。

最終更新:8月19日(金)12時37分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。