ここから本文です

下水で車を走らせる---福岡市や豊田通商などに国土交通大臣賞

レスポンス 8月19日(金)16時22分配信

豊田通商は8月19日、福岡市、九州大学、三菱化工機と共同で進めている「水素リーダー都市プロジェクト」で、国土交通大臣賞を受賞したと発表した。

[関連写真]

水素リーダー都市プロジェクトは、福岡市が2014年にスタートした、水素エネルギー社会の実現に向けた取り組み。プロジェクト第1弾として、豊田通商、九州大学、三菱化工機とともに、下水処理の過程で発生するバイオガスから水素を創出する創エネ技術の実証事業を行い、2015年3月には下水から水素を作って燃料電池自動車(FCV)に供給する世界初の水素ステーションを開設した。

今回、この取り組みで内閣府「第14回産学官連携功労者表彰」の国土交通大臣賞を受賞することとなった。8月26日、東京ビッグサイトで開催される国内最大規模の産学連携関連イベント「イノベーションジャパン2016」にて授賞式が行われる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月19日(金)16時22分

レスポンス