ここから本文です

大水叫ぶ「大水が出たぞー!」ラバーガールLIVE「大水が出た!」で多彩なコント

お笑いナタリー 8月19日(金)13時26分配信

ラバーガールが8月17日、18日の2日間、東京・座・高円寺2にて単独ライブ「ラバーガールLIVE『大水が出た!』」を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ここ数年、単独ライブの作・演出に男子はだまってなさいよ!の細川徹を迎えていたラバーガール。4年ぶりに2人だけで作った今回の単独ライブ「大水が出た!」ではオープニングコントを含めて8本のネタと幕間のVTRを上映し、集まったファンを楽しませた。またマンガ家・のむらしんぼによるイラストをもとにしたアニメーションや、ロックバンド・HINTOの安部コウセイが手がけたBGMなどが効果的に用いられ、ライブの完成度をより一層高めている。

「大水が出たぞー!」という大水の叫びが会場に響き渡るとライブはスタート。大水は飛永のもとを訪ねて「大水が出た」と危険を知らせるが、飛永は真面目に取り合ってくれない。大水と飛永の温度差に観客は笑い出す。続けて、初めての海外旅行やグルメブロガーへの取材、引っ越しをテーマにしたコントなど、多彩なコントが披露された。さらに飛永扮するT-WINGと大水扮するBIG WATER大水のMCバトルも。前日まで飲み明かしていたという2人は互いの健闘を讃え合い爽やかにバトルを締めくる。ラストの結婚式の前日を舞台にしたコントは、不条理な2人の会話が客席の笑いを増幅させた。

エンディングでは、ラバーガールが「大変でしたね!」「しばらく2人でやってなかったから(感覚を)忘れてた」「もう二度とやらないネタもあるでしょうね」と率直な感想と来場者への感謝を述べて終演。なおこの公演を収めるDVDは10月26日に発売される。

※記事初出時より、本文の一部を変更しました。

最終更新:8月19日(金)14時23分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。