ここから本文です

「ロッテ免税店入店ロビー証拠隠滅」シン・ヨンジャ側の企業代表に執行猶予

WoW!Korea 8月19日(金)15時9分配信

ロッテ創業者の長女でロッテ奨学財団シン・ヨンジャ(74)理事長が「NATURE REPUBLIC」のチョン・ウンホ前代表(51)からロッテ免税店入店の対価に巨額の金を受け取ったという疑惑に関連し、証拠を隠滅した容疑で裁判にかけられたシン理事長の側近BNF通商代表のイ某氏(56)に執行猶予が宣告された。

 ソウル中央地裁刑事1単独ファン・ギソン部長判事は19日、証拠隠滅教唆(きょうさ)などの容疑で起訴されたイ氏に懲役1年、執行猶予2年を言い渡した。

 ファン部長判事は「イ氏の公訴事実は証拠によればすべて有罪と認められる」とし「証拠隠滅を教唆し国家の司法を害して企業代表の社会的責務を考慮したとき、罪質が非常によくない」と述べた。

 ただし「犯行の一切を認め、真剣に反省している」とし「捜査手続きで積極的に協力し、証拠が相当な部分、復旧し、初犯である点を考慮し刑を定める」と説明した。

最終更新:8月19日(金)15時9分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。