ここから本文です

日本は過去4大会 金メダル11個で通算メダルは16個 レスリング女子で圧倒的戦績

デイリースポーツ 8月19日(金)8時27分配信

 リオ五輪のレスリング女子は18日に終了し、五輪初出場の63キロ級の川井梨紗子(至学館大)が金メダルを獲得。4連覇を目指した吉田沙保里(フリー)は銀メダルとなった。今大会から6階級制となった同競技で、日本勢は17日の“金メダル3連発”とあわせて、金メダル4個と銀1個という圧倒的な結果を残した。

 2004年から正式競技となったレスリング女子で、日本は4大会のべ18階級を戦い、金メダルは11個、銀3個、銅2個で通算16個のメダルを獲得し、メダルを逃したのは2度だけという輝かしい戦跡を残している。

【レスリング女子・五輪での全戦績】

▼2004年アテネ

48キロ級 銀 伊調 千春

55キロ級 金 吉田沙保里

63キロ級 金 伊調  馨

72キロ級 銅 浜口 京子

▼2008年北京

48キロ級 銀 伊調 千春

55キロ級 金 吉田沙保里

63キロ級 金 伊調  馨

72キロ級 銅 浜口 京子

▼2012年ロンドン

48キロ級 金 小原日登美

55キロ級 金 吉田沙保里

63キロ級 金 伊調  馨

72キロ級 - 浜口 京子

▼2016年リオデジャネイロ

48キロ級 金 登坂 絵莉

53キロ級 銀 吉田沙保里

58キロ級 金 伊調  馨

63キロ級 金 川井梨沙子

69キロ級 金 土性 沙羅

75キロ級 - 渡利 璃穏

※2016年から4階級→6階級に。浜口(12年)、渡利はともに初戦の2回戦敗退

最終更新:8月19日(金)10時50分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。