ここから本文です

<観光バス追突事故>観光バス運転手、初公判で容疑認める=韓国

WoW!Korea 8月19日(金)15時41分配信

韓国・嶺東(ヨンドン)高速道路平昌郡蓬平トンネル入口付近(仁川方面)で多重追突事故を起こした観光バスの運転手(57)に対する初公判が19日、江原(カンウォン)春川(チュンチョン)地裁にて開かれた。

 この日、運転手と弁護人側は容疑の事実をほぼ認め、検察が追加で提示した証拠について「認定するかどうかを判断するのに時間が必要だ」と続行を要請した。

 裁判所は遺族に運転手に対して厳しい処罰を下してほしいという趣旨が込められた多数の嘆願書をどのように提出したのかを尋ねた。

 これに対し遺族は「嘆願書は被害者らの中学・高校の友人らが提出した」と述べた。

 遺族側の弁護士は「飲酒、居眠り運転などは致命的な凶器だ。多数に致命的な被害を与えたことに対して社会的な警告の意味で厳罰に処してほしい」と述べた。

 先立って運転手は先月17日午後5時55分ごろ、嶺東(ヨンドン)高速道路平昌郡蓬平トンネル入口付近(仁川方面)で多重追突事故を起こし、20代の女性4人が死亡し、37人を負傷させた容疑で逮捕された。

 次の公判は9月6日午前10時20分に開かれる。

最終更新:8月19日(金)15時41分

WoW!Korea