ここから本文です

朴大統領 テコンドーとバドのメダリストに祝電=リオ五輪

聯合ニュース 8月19日(金)15時48分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は19日、リオデジャネイロ五輪のテコンドー男子68キロ級で銅メダルを獲得したイ・デフン選手に祝電を送った。

 朴大統領は「勝ち負け抜きで相手選手に拍手を送るイ選手のすばらしい姿は、韓国国民に大きな感動を与えてくれた。心から五輪の舞台を楽しみ、世界に正々堂々としたテコンドーの精神を示したイ選手は、韓国テコンドーの誇りだ」とたたえた。

 また、朴大統領はバドミントン女子ダブルスで銅メダルを獲得した鄭景銀(チョン・ギョンウン)選手と申昇チャン(シン・スンチャン)選手にも祝電を送った。

 朴大統領は「最後の瞬間まであきらめずにベストを尽くした選手たちのおかげで、韓国国民は今大会でバドミントン初のメダル獲得という喜びを手にした」として2人をねぎらった。

最終更新:8月19日(金)17時6分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。