ここから本文です

【レスリング】涙の銀・吉田沙保里「30年間、自分でもよく頑張ったと思う」

東スポWeb 8月19日(金)16時1分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ18日(日本時間19日)発】レスリング女子53キロ級決勝で吉田沙保里(33)はヘレン・マルーリス(24=米国)に1―4の判定で敗れて銀メダルに終わった。

 ――今の気持ちを

 吉田:金メダル取りたかったけど、最後の最後で負けてしまって悔しい。いろいろな人に金メダル見せると約束したのに…。日本の選手団の主将としても役目を果たせなかった。

 ――この4年間を振り返って

 吉田:いろんなことがありました。自分は引退と思わず、リオに向けてやってきた。4連覇したかったからです。でも、最後の最後にできずに終わってしまった。

 ――亡くなったお父さん(栄勝さん)には

 吉田:「金メダル取れなくてごめんね」と言いたい。きっと「ご苦労さん」と最初は言ってくれると思うが、「勝って終わるのと、負けて終わるのは違うよ」と言っていたので怒られるかもしれません。

 ――お母さんには

 吉田:「ごめんね」と言ったら「ここまで連れてきてくれてありがとう」と言ってくれました。

 ――自分を褒めてもいいのでは

 吉田:30年間、ここまでやってきたのは自分でもよく頑張ったと思う。ただ(伊調)馨が4連覇して、うらやましくて。「一緒に4連覇しよう」と言い合っていたから悔しい。

 ――前日に3人が金メダルを取ってプレッシャーはあったか

 吉田:いや、3人が金メダル取ってくれて「私も取ろう」と前向きにとらえていた。

最終更新:8月19日(金)16時17分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]