ここから本文です

ゴルフトーナメント会場に大量の重機・建機 その1…キャタピラー CAT Ladies

レスポンス 8月19日(金)19時0分配信

19日から21日、大箱根カントリークラブにおいて、CAT Ladies ゴルフトーナメントが開催される。冠名があるように、スポンサーは重機・建機メーカーのキャタピラーだ。20周年となる今年の大会では、会場クラブハウス周辺にはキャタピラーの大型重機が展示されている。いくつか紹介していこう。

[関連写真]

写真のブルドーザ(D6N)は、ロックアップクラッチ付のトルクコンバーターによるオートマチックシフトを採用し、路面状況に応じた最適トルクにより燃費がよいという。2014年の重機・建機の環境性能基準(オフロード法)もクリアしている。最大の特徴は折り畳み式のブレードにより、輸送幅を3mに抑えることができる。展開時に3m以上あるブレードを取り外さなくてもトレーラーに積載可能だ。

D6NはCAT Connectテクノロジーにも対応し、GPS等を利用した施工のプログラム化、自動化の他、簡単なコンソール入力でスロープ角度を正確に仕上げるスロープアシスト、CATプロダクトリンクによるクラウドによる機器のリモート管理などが可能だ。

振動ローラ(CS54B)は、ドラムと後輪のポンプ・モーターを独立させ、リアLSDとともに傾斜地、軟弱地盤でも安定した走行と締固めが可能。振動システムはキャタピラー独自の方式で、地盤の硬度測定も、ドラムの走行抵抗によって計算する独自システムを採用する。高度を測定しながら指定の固さで締固めを行うため、振動システムが制御されるので、施工中にオペレータは地盤の確認や固さの計測などを細かく実施する必要がない。走行抵抗で固さを測定するため、ドラムを振動させない工事(振動の加速度で固さを測定するローラでは、振動させないと測定できない)でも固さの制御が可能だ。

《レスポンス 中尾真二》

最終更新:8月19日(金)19時0分

レスポンス