ここから本文です

メルセデス Cクラスクーペ、専用開発エンジン搭載の受注生産モデルを追加

レスポンス 8月19日(金)19時45分配信

メルセデスベンツ日本は、メルセデスベンツCクラスクーペに「C300 クーペ スポーツ」を受注生産モデルとして追加し、8月19日より注文受付を開始した。

[関連写真]

C300 クーペ スポーツは、専用開発の2.0リットル4気筒直噴ターボエンジンを搭載。最高出力245ps、最大トルク370N・mの高出力とともに、9速AT「9G TRONIC」との組み合わせで14.4km/リットルの低燃費を両立している。

エクステリアは、フロントスポイラーリップ、ドアミラー、リアスポイラーにブラックのアクセントを加えることで、新型Cクラスの美しいスタイリングに精悍でスポーティな要素を取り入れた。足元にはハイグロスブラックペイントを施した19インチAMGマルチスポークアルミホイールを装着する。

インテリアでは本革シート、エアバランスパッケージを装備。安全面では、夜間走行時のドライバーの視界をさらに確保するインテリジェントライトシステムとアダプティブハイビームアシストプラスを標準装備する。

価格は698万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月19日(金)19時45分

レスポンス