ここから本文です

巨人・ガルシア 成績だけじゃなかった退団理由

東スポWeb 8月19日(金)16時36分配信

 巨人の新外国人が突然の退団だ。球団は18日、ホセ・ガルシア外野手(23)に対し、契約解除を通告。同日、ウエーバー公示の手続きを申請したと発表した。入団当初は球団内でも評価が高く、日本で才能が花開くことを期待されていた“キューバの打点王”。わずか4か月でチームを去ることになった裏には、いったいどんな事情があったのか――。

 キューバ国内リーグで打点王にも輝いたガルシアは、同国代表の未来を担う逸材との触れ込みで、今年4月に入団したばかりだった。異例のスピード退団となったことについて、中日戦前にナゴヤドームで取材に応じた堤GMは「編成上の理由。来年の戦力には入れない方向で考えたとき、彼に残り試合の打席や出場機会を割り振るのであれば、日本人の若い選手に出場機会を割り振ったほうがいい」と説明した。

 入団した当初、ガルシアは川相三軍監督ら現場サイドの評価も上々で、6月に早々と一軍昇格を果たした。しかし、4試合に出場して7打数無安打と結果を残せず、二軍へ再降格。イースタン・リーグでは28試合に出場し、打率2割3分4厘、4本塁打、12打点だった。

 堤GMは「やはり結果が出ない。総合的に見て、育成できるかを考えたとき、そこまでのポテンシャルはないのかな」と語ったが、将来性を買って獲得した若者に4か月で見切りをつけるのは苦渋の決断だったはず。数字以外にも何か問題があったのか。ガルシアの周辺を探ると、慣れない日本での寮生活に苦しむ姿が浮かび上がってきた。

 ファームの同僚選手の証言によれば、ガルシアは来日直後から周囲に“日本食への恐怖”をしきりに訴えていたという。ある日、寮スタッフが気を利かせ、外国人が好むすき焼きを用意したのだが、ガルシアは不審な目を鍋に向けながらゴボウを指さし「これは食べ物なのか? 怖い、食べられない」と手を付けなかったそうだ。また、遠征先の宿舎で夕食に最上級の和牛レアステーキが振る舞われた時はナイフを入れた途端に絶叫。「これは生肉じゃないか! こんなに赤い肉を食べるなんてどうかしてるよ!」と驚いていたという。

 周囲には「寮の食事が口に合わないんだ。俺はマメの煮込みと、キューバ風のグリルチキンが食べたいんだよ…」とこぼし続け、最近はバナナばかりを口にしていたという。食事のストレスがホームシックへと発展し、次第にプレーにも影響。契約への不満も口にするようになり、球団も最後は動かざるを得なくなったようだ。前述のような事情を多くが理解していただけに、退団に驚きの声はさほど上がらなかったという。

「常に前を向き、いずれ一軍で活躍する姿をお見せしたい」と、入団会見で“ジャパニーズ・ドリーム”の実現を誓っていたガルシアだったが…。素材は間違いなく一級品だっただけに、日本食への恐怖が退団へとつながってしまったのならば、残念というしかない。

最終更新:8月19日(金)16時51分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]