ここから本文です

ケンブリッジ「気持ちよかった」、桐生「ガンガン走る」ツイッターで決勝へ意気込み

デイリースポーツ 8月19日(金)11時3分配信

 リオ五輪陸上男子400メートルリレーで37秒68の日本新記録をマークして決勝進出を決めた山県亮太(24)、桐生祥秀(20)、ケンブリッジ飛鳥(23)が続々とツイッターを更新、決勝にかける意気込みをつぶやいた。

 第1走者として突っ走った山県は「あと1本、結果は後から。万全の準備をして走り切ります」と意欲。3走の桐生も「明日の決勝ではさらに更新できるようにガンガン走る チーム一丸となって」と、更なるタイム更新に向けて、意気込みをつづった。

 アンカー走者のケンブリッジも「アジア記録で決勝決めました!!まずは目標の日本記録をしっかりと更新できて良かったです。明日はメダル目指して頑張ります」と、日本記録更新の喜びをつづり、「あと1番前でゴールするのは気持ち良かった 明日も応援よろしくお願いします!!」と、先頭でゴールを切ったうれしさを素直につづった。

 そんな“日本最速軍団”に、ファンからも「応援してます」「またアジア記録更新願ってます」「夢を見ているようでした」などの激励コメントが相次いでいた。

最終更新:8月19日(金)11時15分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]