ここから本文です

杉浦アナ、ボルトと「顔が近かった…」ドキドキのインタビュー

デイリースポーツ 8月19日(金)12時23分配信

 リオデジャネイロ五輪の現地キャスターを務めるNHKの杉浦友紀アナウンサー(33)が18日(日本時間19日)、陸上男子200メートルで3連覇を達成したウサイン・ボルト(29)=ジャマイカ=に単独インタビューし「顔が近かった」と、極度に緊張したことを明かした。

 杉浦アナは競技後の各メディアインタビューの際、流ちょうな英語でボルトに直接インタビュー。ボルトも丁寧に質問に答えた。

 五輪中継の最後に1日の総括をコメントするシーンで、杉浦アナは「100メートルの後にインタビューした時と比べて、顔が近かったんです。それで、緊張してしまいまして。聞き苦しい英語だったと思うのですが、私の拙い英語にも親切に答えてくださいました」と照れながら、親しげに対応するボルトについての感想を漏らしていた。

最終更新:8月19日(金)12時35分

デイリースポーツ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。