ここから本文です

北朝鮮の農作物 昨年より作況良好=米政府系メディア

聯合ニュース 8月19日(金)18時2分配信

【ソウル聯合ニュース】米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)は19日、北朝鮮の主要農作物の作況について、今年は昨年よりも良くなるようだと報じた。

 北朝鮮北部・両江道の消息筋はRFAに対し、「今年、局地的な豪雨に見舞われた地域もあるが、全国的に農作物の作況は昨年より良い。今後、豪雨や台風の影響がなければ食糧の自給自足も可能になる」と話した。

 同消息筋は「3大食糧と言われるジャガイモ、トウモロコシ、コメがよく育っているが、収穫まで1か月あるので大雨や台風がないことをみんな願っているところだ」と伝えた。

 また、「市場で穀物以外の果物や野菜が値下がりしているのをみると、農作物全般の値段も次第に下がっていくだろう」と見通した。

最終更新:8月19日(金)19時17分

聯合ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。