ここから本文です

江頭、リオ会場に登場で騒然…黄金衣装で絶叫声援

デイリースポーツ 8月19日(金)12時46分配信

 タレントの江頭2:50が現地時間18日、リオ五輪女子レスリングの会場に出現、金色のレスリングコスチューム姿で、日本代表選手へ熱すぎる声援を送った。

【写真】突然の大声にビックリも金ピカ江頭に手を振る川井

 江頭はど派手な黄金のレスリングコスチュームに加え、同じ色のガウンを羽織り、頭には日の丸の鉢巻き姿。胸には「Rio2:50」の文字とともに、大きな日の丸が縫い付けられていた。その姿に、現地の観客が写真撮影をするなど騒然となった。

 初出場した五輪で金メダルを獲得した63キロ級の川井梨紗子の表彰式を最前列で見守った江頭は、川井を指差し、激しい表情で何かを絶叫。それに気づいた川井も、江頭へ手を振り、声援に応えるシーンもあった。

 53キロ級の吉田沙保里は決勝で敗れ、4連覇を逃した。

 五輪会場を訪れるのは、これで08年北京大会から3大会連続3回目。所属の大川興業によると、江頭は先週末から休みを取っており、今回もプライベートでのリオ入り。

最終更新:8月19日(金)16時46分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。