ここから本文です

韓国に亡命した北朝鮮外交官 今年前半だけで約10人か

聯合ニュース 8月19日(金)20時41分配信

【ソウル聯合ニュース】在英国北朝鮮大使館のテ・ヨンホ公使のように、脱北して韓国入りした北朝鮮の外交官の数が今年上半期だけで10人に迫るもようだ。北朝鮮に詳しい消息筋が19日、聯合ニュースの取材に対し明らかにした。

 同消息筋によると、北朝鮮在外公館に勤めている際に脱北し、韓国入りした外交官は昨年1年間で約10人だったが、今年は上半期だけで既に10人に迫る。

 これまでは、昨年が数人、今年に入ってからが数人と言われていた。

 北朝鮮外交官が脱北を実行した勤務地は欧州が最も多く、次いで東南アジアが多いという。

 韓国政府当局は北朝鮮のエリート層である外交官による脱北の増加に注目している。

 別の消息筋は北朝鮮外交官について、外部の世界を見て知っている人たちと形容した上で「(そういう)外交官の脱北が続いている点に注目しなければならない」と指摘した。

 公式発表はないものの、在ロシア北朝鮮大使館に勤めていた3等書記官など、韓国入りした北朝鮮外交官の事例のうち数件については明らかになっている。

最終更新:8月19日(金)21時43分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。