ここから本文です

加納陸、最年少世界王座誕生なるか 相手は高山も「ここまで来たら更新したい」

デイリースポーツ 8月19日(金)15時7分配信

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級王座決定戦」(20日、三田市駒ケ谷運動公園体育館)

 WBO世界ミニマム級王座決定戦の公式計量が19日、兵庫県三田市内のホテルで行われ、同級1位・加納陸(18)=大成=、同級2位・高山勝成(33)=仲里=とともに47・5キロで一発クリアした。

 元世界2階級王者・井岡弘樹氏の持つ18歳9カ月10日を6日更新する国内最年少の18歳9カ月4日での世界王座奪取を狙う加納は「いよいよここまで来たなというのが率直な気持ち。小さな時からの夢がかなう時がきました。必ず勝って世界のベルトを巻きたい。自信はあります」と力強く宣言。記録への意識については「15歳から掲げてきた目標。15歳の時はぼんやりとしたものだったが、一戦一戦勝っていくうちに手の届く位置にきた。ここまできたら更新したい」と意欲を燃やした。

 一方、具志堅用高氏、長谷川穂積(真正)を上回る国内最多の16度目の世界戦となる高山は落ち着いた様子で一連のセレモニーをこなした。加納が15歳の時にスパーリングパートナーに呼び、その将来性を感じていたという大ベテランは「やっと加納選手と拳を交える時が来ました。彼と戦えるということで充実したトレーニングを高いモチベーションでやってこれた」と若き対戦者の成長を認めるとともに、「明日は何のサプライズも起こらない。勝った者が強いということをリングでお見せできたらいい」と勝利への確信を示した。

 試合は午後2時40分からテレビ大阪とテレビ愛知で生中継される。

 【WBO世界ミニマム級王座決定戦ルール】

 ▽レフェリー=ダンレックス・タップダサン(フィリピン)

 ▽ジャッジ=ワレスカ・ロルダン(米国)、リン・カーター(米国)、サルビン・ラグンバイ(フィリピン)

 ▽使用グローブは日本製8オンス

最終更新:8月21日(日)2時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。