ここから本文です

福岡銀行やジャパンネット銀行の偽メールに注意、フィッシングは地方銀行にも

ITmedia エンタープライズ 8月19日(金)16時21分配信

 フィッシング対策協議会は8月19日、福岡銀行とジャパンネット銀行を名乗るフィッシング詐欺のメールや偽サイトと確認したとして注意を呼び掛けた。同日午後3時時点で偽サイトは停止しているが、再開される恐れがある。

【その他の画像:偽サイト】

 偽サイトに誘導するメールには、銀行名と「重要なお知らせ」「メールアドレスの確認」「本人認証サービス」などの件名がある。メールの本文はそれぞれ似た構成で、同一の攻撃グループに手口の可能性もうかがえる。誘導先の偽サイトは、それぞれの銀行のログイン画面に酷似したデザインとなっている。

 フィッシング詐欺は、これまでもゲーム会社やオンラインサービス会社、オンライン銀行、都市銀行になりすます手口が主流だったが、フィッシング対策協議会の注意喚起で福岡銀行になりすます事例は初めて。地方銀行の名称を悪用するケースでは、2015年に横浜銀行や千葉銀行になりすます手口が確認されているが、これまで少なかったようだ。

 フィッシング対策協議会は、偽サイトでアカウント情報(会員番号、申込代表口座番号、ログインパスワードなど)を絶対に入力しないこと、と注意を呼び掛けた。また福岡銀行は、21日まで臨時の相談ダイヤル(0120-334-490、午前9時~午後5時)を設置している。

最終更新:8月19日(金)16時21分

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]