ここから本文です

世界初挑戦の竹中佳「気持ちを強く持って戦う」

デイリースポーツ 8月19日(金)17時2分配信

 「WBO女子世界ライトフライ級王座決定戦」(20日、三田市駒ケ谷運動公園体育館)

 WBO女子世界ライトフライ級王座決定戦の計量が19日、兵庫県三田市内のホテルで行われ、前東洋太平洋同級王者・竹中佳(30)=高砂=が200グラムアンダーで48・7キロ、WBOアジアパシフィック同級王者のルイサ・ホートン(オーストラリア)は48・3キロで、両者とも一発で通過した。

 世界初挑戦の竹中は白色の柔らかなワンピースで登場。「せっかくオーストラリアから来ていただいたけど、ベルトを持って帰らせるわけにはいかない。必ず世界を獲って高砂にベルトを持って帰ります」と勝利を誓った。2012年6月、26歳での遅いプロデビューから11戦全勝(3KO)で迎える大一番に、「私のスタイルはまだ確立していない。こういうボクシングというより気持ちを強く持って戦う」と決意を示した。

 情報の少ない対戦相手のホートンは終始笑顔でセレモニーをこなした。「私は(世界ミドル級3団体統一王者の)ゴロフキンみたいなガンガン攻めていくアグレッシブなタイプ。タイトルをオーストラリアに持って帰る」と自信を見せた。

 ▽レフェリー=ダンレックス・タップダサン(フィリピン)

 ▽ジャッジ=ワレスカ・ロルダン(米国)、リン・カーター(米国)、サルビン・ラグンバイ(フィリピン)

 ▽使用グローブは日本製8オンス

最終更新:8月19日(金)17時12分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]