ここから本文です

エアブローを搭載したコードレススティック掃除機、東芝から

ITmedia LifeStyle 8月19日(金)16時41分配信

 東芝は、コードレススティッククリーナー「TORNEO V cordless」(トルネオ ヴイ コードレス)の新製品「VC--CL1300」を9月下旬に発売する。重量バランスを変更して掃除の際に手にかかる負担を減らしたほか、窓のサッシなどを掃除する際に便利なエアブロー機能を新たに搭載した。価格はオープンプライス。店頭では7万5000円前後になる見込みだ。

付属のエアブローノズルと使用イメージ

 独自のサイクロン技術「バーティカルトルネードシステム」を搭載したバッテリー内蔵のスティッククリーナー。微細なチリや花粉を空気から99%分離できるほか、フィルターにゴミが付着することによる目詰まりが少なく、吸引力が99%以上持続するという。

 新製品では、グリップを支点として重量のあるモーターとバッテリーの位置を見直し、掃除する際に手にかかる荷重を3割減らしている。例えば階段やラグの乗り越えなど掃除機を持ち上げる動作で負担が軽減するという。またグリップ部も湾曲を緩やかにして断面形状をだ円形としたことで、持ちやすくなった。

 付属のエアブローノズルを付ければ、風速毎秒25mの風が出るため、窓のレールなどにたまったゴミを吹き飛ばすことができる。ほかにもすき間ノズルやふとん用ブラシなど多彩なノズルを同梱(どうこん)している。

 内蔵のリチウムイオンバッテリーは、「自動モード」時で約8分から20分、「強モード」時で約8分、「セーブモード」時なら約20~25分間の連続使用が可能。充放電回数は約2000回となっている。

 スティック状態の外形寸法は、224(幅)×224(高さ)×1030(長さ)mm。重量は約1.9kg。

最終更新:8月19日(金)16時41分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]