ここから本文です

オランウータンがアーティストデビュー 保護活動の一環でジャズ楽曲を販売

ねとらぼ 8月19日(金)21時10分配信

 オーストラリアのアデレード動物園が、同園のスマトラオランウータン「Kluet」が手掛けたジャズ楽曲「Give me a Klue」をリリースしました。

【スマホをスワイプするオランウータン】

 Kluetが担当飼育員のiPhoneに興味を示し、音楽制作アプリ「GarageBand」で作曲したもの。同園のYouTubeチャンネルで公開された動画にて、制作のいきさつが紹介されています。

 同園の仮説によると、野生に残るスマトラオランウータンは、現在わずか7000頭程度。年々減少しており、10年以内に絶滅する可能性があるとされています。今回の楽曲リリースは、8月19日の「国際オランウータンの日」に合わせたもの。危機と保護活動の周知を目的としています。

 価格は購入者がドル単位で任意に決める方式。購入するとMP3形式ファイルのダウンロード権が与えられます。この収益はアデレード動物園にいる3頭のオランウータンの、飼育や医療環境を充実するために用いられます。

(沓澤真二)

最終更新:8月19日(金)21時10分

ねとらぼ