ここから本文です

レニー、高齢者版『ブリジット・ジョーンズ』に意欲!

Movie Walker 8/19(金) 19:00配信

『ブリジット・ジョーンズ』シリーズの3作目を完成させたレニー・ゼルウィガーは、これでシリーズは完結したわけではなく、「もっと高齢になってから再びブリジットを演じたい」と発言している。

【写真を見る】およそ12年ぶりにブリジットを演じたレニー・ゼルウィガー

Total Film誌のインタビューで、「将来的に続編を作る可能性があるのか」と尋ねられたレニーは「可能性はあるわ。すごく面白いアイデアだと思う。自己中心的な見解をいえば、私はブリジットが大好きだし、彼女を演じるのはとても楽しい。またみんなで集まれる機会があれば、どんな理由であれ構わない。とても楽しいものになるんじゃないかしら」と語っている。

何年ものブランクのあとに同シリーズで女優業を再開したことについては、「それは当然の決断に思えました。友人たちとの素敵な同窓会だし、私が大好きなキャラクターと街の話だから。突然決まったわけではなく、ずっと話はありました。急に提案されて、出演が決定したというような形ではなかった」と話している。

また、一部では「もう再起不能では?」と囁かれたほど何年も続いた女優休業期間については、「自分にとって必要な時間だった」とレニーは明かしている。「クリエイティブな仕事をするチャンスから長いあいだ距離を置きたいわけではなかった。でもそれが必要だった。それは本当に私にとって必要なものだったと思う」

「キャリア以外の部分で、自分の人生について考える時間が必要だった。あの休業をしなかったら、仕事もうまくできるようにならなかったと思う。だから私がそれを望んでいたというより、私にとって必要なものだったのよ」とレニーは語っている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:8/19(金) 19:00

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]