ここから本文です

阪神メッセ5回5失点で降板 味方の援護に報いることができず

デイリースポーツ 8月19日(金)20時19分配信

 「巨人-阪神」(19日、東京ドーム)

 阪神のランディ・メッセンジャー投手が六回の攻撃で代打を送られ、5回8安打5失点でマウンドを降りた。

 初回に3本のヒットと2四球で2点を奪われると、二回には坂本のタイムリーで追加点を献上。そして、中谷の2ランで同点に追いついた直後の五回だ。

 「ストレートが甘く入ってしまった失投でした」と悔やんだように、1死から坂本にこの日3本目となる右前打を許し、続く阿部に右中間へ勝ち越し2ランを被弾。味方の援護に報いることができず、悔しい降板となった。

最終更新:8月19日(金)21時45分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報