ここから本文です

アニメ「ポケモン」、サトシの勝敗のゆくえに視聴者ざわざわ 「いいかげんしろ」との声も

ねとらぼ 8月19日(金)20時50分配信

【ネタバレです。勝敗を楽しみにしている方はご注意ください】

 18日に放送されたアニメ「ポケットモンスターXY&Z」の38話で、カロスリーグに挑戦していた主人公・サトシが決勝戦で敗退。残念ながら準優勝となり、放送直後にはTwitterで「サトシ」がトレンド入りするなど、サトシの優勝を期待していた人たちから惜しむ声があがりました。

【サブタイトルに「優勝」の文字】

 今回、サトシのパーティはピカチュウの他にファイアロー・ゲッコウガ・オンバーン・ルチャブル・ヌメルゴンなど、ゲーム上でも強力な性能を持つポケモンがそろっています。また、2016年でポケモンが20周年となることに加え、38話のサブタイトルは「カロスリーグ優勝!サトシ頂上決戦!!」だったことも、視聴者がサトシの優勝を期待した一因となっていたようです。

 Twitterには「優勝出来なかったけど最高のバトルだった」などサトシの健闘をたたえる声もある一方、負けた理由を考察する意見や「優勝できないのは大人の事情」とする意見もあがり、中には「いい加減に優勝させてやれ」という声も。また、ポケモン公式Twitterには海外から批判のリプライが次々と投稿されていました。

 なお、“「リーグ優勝」が一度もない”とされるサトシですが、実は一度カントー地方の南にあるオレンジ諸島で行われる小規模なリーグ・オレンジリーグでの優勝経験はあるようです。

最終更新:8月19日(金)21時17分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。