ここから本文です

神木隆之介 上白石萌音をタジタジに 性別が替わったら?との質問に

デイリースポーツ 8月19日(金)22時48分配信

 俳優の神木隆之介(23)、上白石萌音(18)と新海誠監督が19日、大阪市内で行われたアニメ映画「君の名は。」(8月26日公開)の公開記念舞台挨拶に出席した。

 夢の中で“入れ替わる”という同作にちなんで性別が替わったら?と問われた神木は「まずは確認でしょう」と笑い、「カラオケ行きます。(普段は)意地でキーを落としたくないので好きな女性アーティストさん歌いまくりますね」と明かした。また、上白石は「500グラムのステーキを食べたい」と無難に答えたものの、神木から「本当は他にあるでしょ、実は?」と詰め寄られ、タジタジになる一幕もあった。

 舞台挨拶への神木の登壇は事前に明かされていなかった。そのため、登壇者を確認しようと上映前に調べようとする熱心なファンもいたという。それを聞いた神木は「試写会慣れしてますね」と感心した様子だった。

 神木は盛り上がった舞台挨拶を「この作品が皆さんにとってかけがえのない作品になったらうれしい」とまとめた。

最終更新:8月19日(金)22時59分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。