ここから本文です

3キャリアの「Xperia X Performance」がそろって総合ランキング入り

ITmedia Mobile 8月20日(土)10時37分配信

 総合ランキングのトップ3は先週まで5週連続で同じ並びだったが、今週はついに動いた。1位はソフトバンク「iPhone 6s(64GB)」で変わらないが、発売以来2位をキープしていたNTTドコモ「Xperia X Performance SO-04H」が、先週3位のKDDI(au)「iPhone 6s(64GB)」と入れ替わり3位に後退した。ただ「Xperia X Performance」に注目すると、ドコモのXperia X Performance SO-04Hのほか、8位に「Xperia X Performance SOV33」(先週8位)、10位にソフトバンク「Xperia X Performance」と、初めてXperia X Performanceの3キャリアモデル全てがトップ10入りした。

【Y!mobileのこのスマホも好調】

 Y!mobile勢の好調も続いており、「507SH」(4位)、「DIGNO E 503KC」(6位)は共に順位をキープしている。
 NTTドコモのランキングでは、「Xperia X Performance SO-04H」が8週連続トップ。上位陣は3位と4位の順位が先週から入れ替わっただけで大きな動きはない。今週の注目は、先週10位から6位に大きく順位を上げた「らくらくスマートフォン3 F-06F」だ。発売から2年が経過したが売れ行きは好調で、6位は過去最高タイの順位だ。またもう1つの注目株は10位に入った富士通モバイルコミュニケーションズ製端末「arrows NX F-02H」だ。こちらは2015年の12月発売だが、今回が初めてのトップ10入りとなった。
 KDDI(au)のランキングは、1位の「iPhone 6s(64GB)」以下5位まで先週と同じ並びで、9位まで見ても、先週7位の「iPhone 6s(16GB)」と6位の「AQUOS U SVH35」が入れ替わっただけ。面白いのは、10位に入った京セラ製端末「かんたんケータイ KYF32」。2016年7月30日に発売されたばかりで、同社が手掛けるシニア向けフィーチャーフォンとして4年ぶりの新製品だ。この「かんたんケータイ」シリーズは、初代が2005年の発売で、10年以上続いている。
 ソフトバンクのランキングは、比較的小さな順位変動が多かった。初めて総合ランキング入りした「Xperia X Performance」は、2週ぶりに過去最高タイの3位に戻した。一方、「Xperia Z5」は先週5位から8位まで順位を下げている。また、他のキャリアと同様、ソフトバンクにも今週は初ランクインした端末があり、それが2月に発売されたシャープ製のシニア向けフィーチャーフォンの「かんたん携帯9」(10位)だ。シニア向けフィーチャーフォンの売れ行きは、お盆の時期と重なっているようにも見える。

最終更新:8月20日(土)10時37分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]