ここから本文です

過酷な競歩…世界記録保持者の仏選手倒れる 立ち上がり8位フィニッシュ

デイリースポーツ 8月19日(金)23時52分配信

 「リオ五輪・陸上男子50km競歩」(19日、ポンタル周回コース)

 競歩の過酷さが如実に伝わるアクシデントが起きた。世界記録保持者のヨハン・ディニズ(フランス)がレース途中に崩れ落ちるように倒れてしまった。

 32km過ぎまでは先頭を、日本の荒井広宙らと2位集団で歩いていたが、スタートから2時間44分が経過したころにコースにへたりこんで完全に横になってしまった。

 レーススタッフの助けをかりて立ち上がり、自分で水を頭からかぶって回復を試みたディニズ。執念を見せて、レースレベルのスピードで再び歩き始めた。

 その後、スピードを落とすシーンもあったが、8位で完歩。レーススタッフに抱きかかえられ、笑顔を見せた。

最終更新:8月20日(土)11時45分

デイリースポーツ