ここから本文です

競歩荒井、失格で銅メダル幻に 終盤接触のカナダから抗議、日本は上訴

デイリースポーツ 8月20日(土)1時1分配信

 「リオ五輪・陸上男子50km競歩」(19日、ポンタル周回コース)

 日本の荒井広宙(ひろおき、28)=自衛隊体育学校=が3位でゴールに入ったが、失格処分となり、競歩初となるメダル獲得は幻と消えた。カナダからの抗議を受けてのもの。

 問題となったとみられるのは最終盤。3位を走る荒井は4位のダンフィー(カナダ)の猛追から必死に逃げる展開だった。ここで2人が接触。後にダンフィーがフォームを崩し荒井が再び前へ出た。

 荒井は序盤から上位集団に食らいついた。中盤以降は2位集団で粘り、終盤にダンフィーと3位争いで熾烈な争いを繰り広げた。

 日本はこれを不服として上訴した。上訴審議は日本、カナダを除く国際陸連の理事5人により行われるというが、裁定がいつ出るかは未定だ。麻場監督は「不可抗力での接触だし、お互いにバランスを崩している。むしろカナダ選手の肘の方が先に当たっている。納得がいかない。我々としては到底、認められない」と話した。

最終更新:8月20日(土)2時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]