ここから本文です

ANNA☆S、3カ月連続ワンマンでサンプラザ中野くん作詞曲初披露

音楽ナタリー 8月19日(金)22時21分配信

ANNA☆Sが8月12日に東京・clubasiaにて単独公演を開催した。

7月の涼夏の生誕公演を皮切りに、3カ月連続で単独公演およびメンバーの生誕祭を行うANNA☆S。この日は優奈の生誕公演ということもあり、会場には大勢のファンが集まって彼女の誕生日を祝福した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

オープニングでは彼女たちと同じ事務所に所属しているダンスナッツが登場し「I WANNA DANCE」と「あの海へ行こう」の2曲を軽快なダンスで披露する。これによりフロアの熱気が上昇したところで、杏奈、優奈、涼夏の3人がステージに現れ「Set me Free」でライブをスタートさせた。3人はダンサーたちを従えながら迫力あるパフォーマンスを展開し、2曲目の「Jo-Ne-Tsu」では手からレーザーを発射する演出でオーディエンスを楽しませた。さらに3曲目には可憐Girl'sの「Over The Future」を歌い上げ、ファンと共に掛け声を行って一体感を生み出していく。

ライブ中盤では涼夏が小芝居でファンを笑わせて、ソロで「ジュテーム」を歌唱。そのあとは杏奈、優奈姉妹が衣装をチェンジして「Everbody Groove!!」を届けてフロアを大いに盛り上げた。続けて4人編成のバンドチームが登場し、彼らの演奏に乗せて3人は「White Story」と杏奈ソロ曲の「フレー」を歌った。そして「My First Love」では優奈がセンターポジションで同曲を歌い上げ、ファンが用意したペンライトが一斉に灯された。

バンドパートが終わると、3人は9月20日にリリースされる1stアルバム「ANNA☆S JK BEST」に収録される新曲「いわずもがなよ」を初披露。このとき同曲の作詞を手がけたサンプラザ中野くんが観覧席にいることがアナウンスされ、会場は大歓声に包まれた。3人はサンプラザ中野くんの目の前で、同曲と、彼が手がけた「ヤマトナデシコ乙女組」を連投。フロアの盛り上がりが2曲のダンスチューンで高められたところで、ライブはラストスパートに突入していった。

「ココロオドル」のアカペラからオーディエンスのテンションを高めた3人は、ダンサーを再び呼び込み「だってLOVE ME DO」「ケイタイのウラのプリクラのピース!」をファン届ける。そして杏奈が作詞した「Dance in the Orange」でさらにフロアをヒートアップさせ、本編最後はバラードナンバー「ユメミチル」で締めくった。

アンコールを受けて3人はタオルを振り回しながら「恋予報」を届ける。歌唱後には優奈にバースデーケーキが贈られ、ファンからは盛大な拍手が湧き上がった。優奈は「みんな、今日は祝ってくれてありがとう。でも、もっと祝ってくれてもいいんだよ?」とツンツンしながらもはにかんだ表情で感謝の気持ちを述べ、ラストナンバー「恋の自由形決勝」を歌い上げる。3人はフロアへ降りて用意されたイスに乗りファンに囲まれながら同曲を歌い上げて、この日の単独公演を大団円で終えた。

なお次回ワンマンライブは9月23日に同会場にて杏奈生誕祭として開催される。

ANNA☆Sワンマンライブ~優奈生誕~ 2016年8月12日 clubasia セットリスト
01. Set me Free02. Jo-Ne-Tsu03. Over The Future04. ガンバルシカナイジャナイ05. 告白06. 命短し走れよ乙女07. Oh! Darlin' Just a Minute!08. ジュテーム09. Everbody Groove!!10. White Story11. フレー12. My First Love13. いわずもがなよ14. ヤマトナデシコ乙女組15. ココロオドル16. だってLoveMeDo17. ケイタイのウラのプリクラのピース!18. Dance in the Orange19. ユメミチル<アンコール>20. 恋予報21. 恋の自由形決勝

ANNA☆S LIVE~優奈生誕~
2016年9月23日(金)東京都 clubasiaOPEN 18:30 / START 19:00

最終更新:8月19日(金)22時21分

音楽ナタリー