ここから本文です

競歩失格、日本は上訴「納得がいかない」 カナダ選手から当たったと主張

デイリースポーツ 8月20日(土)1時57分配信

 「リオ五輪・陸上男子50km競歩」(19日、ポンタル周回コース)

 日本の荒井広宙(ひろおき、28)=自衛隊体育学校=が3時間41分24秒で3番手でゴールした。日本競歩界初のメダルを獲得したかに思われたが、残り500メートルでのカナダの選手との接触を、カナダチームが抗議。審判長により抗議が認められ、失格処分となった。日本チームはこれを不服とし、上訴した。

 陸上の日本選手団・麻場一徳監督によると、問題のシーンはレースの最終盤。カナダのエバン・ダンフィーに一度抜かれた荒井が再び抜き返そうとした際に、腕、肩付近が接触した。

 カナダチームはオブストラクション(反則)としてレース直後に審判に抗議書を提出。ゴールの約30分後に荒井の名前が結果から削除され、失格扱いとなった。ダンフィーの3位で順位は確定した。

 日本チームは麻場一徳監督の名前で上訴。上訴審議は日本、カナダを除く国際陸連の理事5人により行われるというが、裁定がいつ出るかは未定だ。麻場監督は「不可抗力での接触だし、お互いにバランスを崩している。むしろカナダ選手の肘の方が先に当たっている。納得がいかない。我々としては到底、認められない」と話した。

 荒井はゴール後のインタビューで、接触シーンについて「近かったので当たってしまった。接触はつきものなんで。僕の方は影響はなかった」と話していた。

最終更新:8月20日(土)2時30分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]