ここから本文です

レスリング樋口黎「悔しい」銀、決勝は惜敗 指とりの抗議認められず 

デイリースポーツ 8月20日(土)5時35分配信

 「リオ五輪・レスリング男子フリースタイル57キロ級・決勝」(19日、カリオカアリーナ)

【写真】日本サイドからチャレンジの人形が投げ入れられる

 五輪初出場の樋口黎(20)=日体大=が、15年世界選手権で優勝したウラジミール・キンチェガシビリ(ジョージア)に敗れ、銀メダルを獲得した。

  序盤から相手の右足を狙う樋口が、こらえるキンチェガシビリ。相手がアクティブタイム間にポイントできなかったことにより1点を先制。第1ピリオドを終える。

 第2ピリオドは序盤に2点を樋口が奪ったが、相手もすぐに2点を返した。さらに、樋口にアクティブタイムが科され、その間に得点できず相手に1ポイントが入り3-3の同点のまま試合時間が終了した。

 最後にポイントを得た選手が勝利するルールがあるため、このままだと樋口は負けになる。日本側は試合終了直前の数十秒間で、相手に指をつかむ反則行為があったのではないかとして、チャレンジをしたが認められず。チャレンジ失敗による1ポイントが相手に入り、最終成績3-4で敗れた。

 銀メダルを胸に樋口は「一番でなければ意味がないと思ってやってきたので。二番は悔しいですけど、自分の持てる技とか、指導してくれたコーチや先生たちの応援があっての表彰台だと思っているので、銀メダルには感謝して、次のステップへ向けて頑張りたい」と胸の内を明かした。

 「後悔はないんですけど、悔しい部分が多くて。一番になるためには自分に足りない部分があるんじゃないかと見つめ直して、このオリンピックをステップにしたいです」と誓うと同時に、20年の東京五輪へ「世界でも通用するレベルと分かったので、銀メダルを見て悔しさを思い出して、東京で金メダルをとれるようにしたいです」と視線を向けた。

 樋口は1回戦では前回ロンドン五輪55キロ級銅メダリストのヤン・ギョンイル(北朝鮮)に12-2でテクニカルフォール勝ち。2回戦でもアサドラ・ラチナウ(ブルガリア)に10-0の2試合連続となるテクニカルフォール勝ちを収めた。

 準々決勝ではヨウリス・ボネロドリゲス(キューバ)に一度は追い付かれながらも8-4に突き放した。準決勝では昨年の世界選手権で2位のハッサン・ラヒミ(イラン)に10-5で判定勝ちした。第1ピリオドを2点技2回の4-0で終えると、第2ピリオドも2、1、2、1点と着実に加点した。

最終更新:8月20日(土)8時51分

デイリースポーツ