ここから本文です

【MLB】イチローがマルチ、歴代28位タイの通算3007安打 マーリンズは惜敗

ISM 8月19日(金)16時28分配信

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が現地18日、敵地で行われたシンシナティ・レッズ戦に5番ライトで先発出場。4打数2安打、2三振の成績だった。

 1打席目から空振り三振、空振り三振、センター前ヒット、レフト前ヒットの内容だったイチロー。メジャー通算3,007安打とし、殿堂入り外野手のアル・ケーライン氏(元タイガース)が持つ、歴代28位の記録に並んだ。

 マーリンズは、5点ビインドの6回にマルセル・オズナ外野手が22号2ランを放ち、続く7回にもマーティン・プラード三塁手の2点タイムリーで1点差に詰め寄ったが、4対5で惜敗した。エースのホセ・フェルナンデス投手が4回を7安打、1四球、6三振、5失点の内容で、今季7敗目(12勝)を喫した。

 マーリンズのドン・マッティングリー監督は、今季最短での降板となったフェルナンデスについて、「明らかに(レッズが)たくさんの対策を立ててきていた」とコメント。一方、新人王を獲得した2013年の4月18日に行われたレッズ戦でも4回5失点と崩れたエース右腕は、「ここから良くなっていくんだ。今回も挽回できることを祈っているよ」と語った。(STATS-AP)

最終更新:8月19日(金)16時28分

ISM

スポーツナビ 野球情報