ここから本文です

“悪カワ”ハーレイ・クインを共演者絶賛 ウィル・スミス「存在感がある」

オリコン 8月19日(金)8時0分配信

 DCコミックスの悪役(ヴィラン)たちが勢ぞろいする映画『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)で、特に女性から熱視線を集める“悪カワ”ヒロイン、ハーレイ・クインの新たな場面写真が19日、ORICON STYLEに到着した。

【動画】悪役たちが大暴れ『スーサイド・スクワッド』予告編

 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を皮切りに、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『デッドプール』と、ヒーロー映画が大きな盛り上がりを見せた2016年上半期。本作では、“正義のため、愛する人のため”に戦ってきた今までのヒーロー像を覆し、バットマンらに捕まり投獄された“悪党たち”が、自分の刑を軽くしたい、ただ暴れるのが好きという個人的な理由で大暴れする。

 マーゴット・ロビー演じるクインは、左右で異なる色のツインテール、ホットパンツ姿で、バットとド派手な銃を武器に暴れまわるキャラクター。もともとは犯罪者専門の精神科医だったが、バットマンの宿敵・ジョーカーに魅了されて悪の道へと進み、バットマンによって投獄されてしまった。

 到着した画像は、囚人服を着て独房で優雅にティータイムを楽しんでいる様子。“型破り”なキャラクターが伺える一方で、ベタ惚れのジョーカーには一途に尽くすという一面を持っており、強烈な見た目と相反する、乙女なキャラクターも、女性からの支持を集めるポイントになっている。

 その存在感は、主演を務めるウィル・スミスも「ハーレイ・クインの衣装を着たマーゴット・ロビーが撮影現場に現れた瞬間、全員が“これはハーレイ・クインの映画なんだ”って思ったはずさ」と絶賛。「彼女の姿はあまりにもかっこよくて、存在感があった。今年のハロウィンは、女の子が全員ハーレイ・クインの格好をするだろうってみんなで話したよ(笑)」とコメントしている。

 クインのおかげもあって、全米公開時の初日鑑賞者は女性が約半数を占め、世界中で500億円に迫るヒットを記録(BOX OFFICE MOJO調べ:1ドル=102円換算)。魅力的に演じきったロビーは、25日のジャパンプレミアに併せて初来日が決定している。

最終更新:8月19日(金)8時0分

オリコン