ここから本文です

柿澤勇人、憧れの中川晃教との歌げいこで失態「社会の窓が全開でした」

オリコン 8月19日(金)13時10分配信

 俳優の柿澤勇人が19日、都内で行われたミュージカル『フランケンシュタイン』製作発表記者会見に出席。同作で、中川晃教とWキャストとして出演することについて「劇団時代、研究生時代に毎日中川さんの歌を聴いて『何て、上手い人なんだろう。こんなに自在に操れるんだったら人生楽しいだろうな』って思っていて、ずっと憧れの存在でした」と声を弾ませた。

【集合ショット】加藤和樹、小西遼生らも出席した会見

 2人で披露する楽曲「偉大なる生命創造の歴史が始まる」の歌げいこを先日行ったという柿澤は「となりで中川さんが音を取っている訳なんですが、あの日の記憶はほとんどないくらい緊張していました」と回顧。続けて「これから、一緒に作品を頑張って作っていくんだなと思って、ふと下を見たら社会の窓が全開でした。それくらい興奮していたんだと思います」と恥ずかしそうに明かした。

 そんなけいこの成果が十分に発揮され、中川とのコラボを圧倒的な歌唱力で披露。劇中では、科学者・ビクター・フランケンシュタインと人間同士を格闘させるギャンブル闘技場を営む悪党のジャックの2役に挑戦するが「(6月末に)アキレス腱を断裂して手術をしたのですが、その傷口がフランケンシュタイン状態になっていました」と笑わせながらも「今は歩くことが出来るくらいまで回復しています。この公演までには、元気な姿で皆さんに恩返しをしたいと思っています」と呼びかけていた。

 記者会見にはそのほか、小西遼生、加藤和樹、音月桂、鈴木壮麻、相島一之、濱田めぐみ、演出の板垣恭一氏も出席。同作は、2017年1月8日から29日まで日生劇場にて上演される。

最終更新:8月19日(金)13時51分

オリコン