ここから本文です

早見優、後輩アイドル・さんみゅ~に対抗心「ステージ上ではライバル!」

オリコン 8月19日(金)18時0分配信

 歌手でタレントの早見優と6人組アイドルグループのさんみゅ~が19日、東京・渋谷WWWでライブ『純白歌合戦#3』を開催。ライブ前に行われた囲み取材で、早見は「楽屋に行った時とかは『大丈夫?』とか、お母さんみたいになっちゃうんですけど、ステージの上ではライバルということで頑張りたいですね」と後輩アイドルに対抗心を燃やした。

【動画】さんみゅ~、早見優と「夏色のナンシー」初コラボ

 24日には、21年ぶりの新曲「溶けるようにkiss me」を発売するが「作曲が藤井隆さんで作詞が私なので、とっても楽しいです」とにっこり。新しい世代のファン獲得に燃えているといい「10~20代の女性が何を考えているのか知りたかったので、15歳と13歳の娘に恋愛観を聞いてみました」と明かした。

 また、年内での解散を発表したSMAPについて話題が及ぶと「さみしいですよね。大好きな曲がいっぱいあるので、また5人での歌が聴けますかね」と沈痛な表情。「SMAPさんの中では『夜空ノムコウ』が一番好きでした。何とかして、継承していってほしいですね」と期待を込めた。

 同ライブでは、さんみゅ~が3年前から歌い続けてきた「夏色のナンシー」の早見とのコラボ歌唱が実現。リーダーの西園みすずは「リハーサルを拝見したのですが、早見さんがとてもカッコ良くて、今から緊張しています」と大先輩との共演にすっかり恐縮していた。

最終更新:8月23日(火)12時27分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。