ここから本文です

草なぎ剛&香取慎吾、ラジオで神妙に解散を謝罪 メンバー全員が言及

オリコン 8月21日(日)19時0分配信

 年内の解散を発表したSMAPの草なぎ剛と香取慎吾が21日、パーソナリティを務めるbayfm『SMAP POWER SPLASH』(毎週日曜 後7:00)の番組冒頭で、解散についてコメントした。香取は突然の報告になったことを謝罪し、草なぎは今後も精進することを語り、これでメンバー全員が解散について言及した。

 香取は20日深夜に放送のテレビ朝日系『SmaSTATION!!』に生出演するも、解散についてはコメントせず。この日のラジオの冒頭では「皆さんこんばんは。SMAPの香取慎吾です。SMAPは解散いたします。SMAPを応援してくださったたくさんの方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたことを深くお詫び申し上げます」と、言葉を絞りだすようにあいさつした。

 草なぎも「この度、僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆様、支えてくれた関係者の皆様、グループ結成から28年間、本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので、引き続き温かく見守っていただけるとうれしく思います」と、神妙に語りかけた。

 2人のコメント後、番組は通常通りスタートし、オープニング曲として1995年に開始した同番組の放送20周年を記念して草なぎが作詞作曲したオリジナルソング「しんつよビーオンライト」を生演奏した。

 SMAPの解散は今月14日未明に発表され、18日にメンバーとして初めて稲垣吾郎が文化放送『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』で「SMAPは解散という形を取らせていただくことになりました。ファンの皆様には突然の報告で驚かせてしまって、本当に申し訳ございません」と謝罪。

 翌19日は木村拓哉がTOKYO FM『木村拓哉のWhat's up SMAP!』で「ただただ申し訳ないという気持ちしかありません。本当に、ごめん…」とお詫びし、20日には中居正広が「ご迷惑をおかけしました。ご心配をおかけしました。お世話にもなりました。このような結果に至った事をお許しください」と語った。

最終更新:8月21日(日)22時34分

オリコン