ここから本文です

欅坂46、“けやき坂”で結成1周年前夜ライブ 平手友梨奈「すごくいい思い出に」

オリコン 8月21日(日)5時0分配信

 アイドルグループ・欅坂46が21日に結成1周年を迎えることを記念し、グループ名の由来である「けやき坂」横にある東京・六本木ヒルズアリーナ特設ステージ「SUMMER STATION LIVEアリーナ」で20日、ライブを行った。

【ライブ写真】息の合ったダンスパフォーマンスでも魅了

 欅坂46は昨年8月21日、乃木坂46に続く坂道シリーズ第2弾として誕生した。今年4月6日に発売したメジャーデビュー曲「サイレントマジョリティー」は初週26.2万枚を売り上げ、女性アーティストのデビューシングルの初週売上でオリコン歴代1位を記録。2ndシングル「世界には愛しかない」(10日発売)は、初週32.3万枚を売り上げ、8/22付オリコン週間シングルランキングで1位に初登場した。

 雨が降るなか駆けつけたファンに向け、菅井友香は「あす1周年を迎える大切な日に、けやき坂の真横で、大切な場所で、このライブをさせていただけて本当にうれしいです。きょうは私たち21人の成長も見ていただけたらと思います」と呼びかけ、ファンから大歓声で迎えられた。

 ライブは、今泉佑唯と小林由依のユニット“ゆいちゃんず”による「渋谷川」からスタート。メンバーたちが「ダンスを覚えるのが大変だった」という「語るなら未来を…」や、ユニット名を募集中だという菅井、志田愛佳、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐の5人による「青空が違う」などを披露。「サイレントマジョリティー」「世界には愛しかない」では息のあったパフォーマンスで沸かせ、メンバー全員が成長した姿を十分に見せつけた。

 センターの平手友梨奈はメンバーを代表し「本当にたくさんのことをすごいスピードで経験させていただきました。2年目では、これからも感謝の気持ちを忘れないように、坂を少しずつのぼっていけるように頑張っていきたいと思います。精一杯頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします」と、感謝と2年目への決意を語った。

 ライブを終えた今泉は、「渋谷川」のステージを振り返り、「ファンの方のサイリウムがイルミネーションのようにきれいで涙が出ちゃいました」と感激。平手は「今まで野外ライブはたくさん経験させていただいてきましたが、きょうは今まで以上にお客さんが熱くて、私たちもテンション高くライブができたので、すごくいい思い出になりました」とコメントしていた。

 ライブの模様は、CSテレ朝チャンネル1にて今秋放送。

最終更新:8月22日(月)18時38分

オリコン