ここから本文です

『傷物語』第三部「冷血篇」来年1・6公開 キービジュアルも

オリコン 8月19日(金)20時49分配信

 作家・西尾維新氏の代表作「<物語>」シリーズの“原点”ともいえるエピソードを劇場作品としてアニメ化する『傷物語』三部作。その最終編となる第三部「冷血篇」が2017年1月6日に公開されることが19日、わかった。またキービジュアルも解禁となった。

前売り券に付く劇場限定クリアファイル 

 西尾氏の人気ライトノベル「<物語>」シリーズは、09年の『化物語』を皮切りに『偽物語』『猫物語(黒)』『花物語』などがテレビアニメ化されてきた。同シリーズの原点である『傷物語』は、第一部「鉄血篇」が1月8日、第二部「熱血篇」がきょう8月19日に劇場公開。『傷物語』は『化物語』の前日譚にあたる物語で、主人公・阿良々木暦(あららぎ・こよみ)が吸血鬼となった顛末が描かれる。

 第三部「冷血篇」の前売り券が本日より販売を開始。特典として同作ビジュアルのクリアファイルが付く。

最終更新:8月19日(金)20時49分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。