ここから本文です

『僕のヒーローアカデミア』新作アニメがイベント上映 1期と2期の間の物語

オリコン 8月22日(月)8時0分配信

 堀越耕平氏による漫画『僕のヒーローアカデミア』の新作アニメが、11月に開催される集英社主催イベント『ジャンプスペシャルアニメフェスタ 2016』にて上映されることが19日、わかった。ストーリー原案は堀越氏自ら務め、50ページにおよぶネームを完成させ、新作オリジナルストーリーに取り組んだという。制作はおなじみのボンズ。

【画像一覧】『僕のヒーローアカデミア』PVカット

 “個性”と呼ばれる超常能力を持つ人々が当たり前に存在する世界を舞台に、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれ少年・緑谷出久(デク)が最高のヒーローを目指して奮闘する姿を描く。2016年4月から6月にテレビアニメ第1期が放送となり、現在第2期が制作中。新作は1期と2期の間に位置するオリジナルストーリーとなる。

 『ジャンプスペシャルアニメフェスタ 2016』は『週刊少年ジャンプ』(集英社)読者を抽選で招待するアニメ上映イベント。11月27日に東京よみうりホール、12月4日に札幌・名古屋・大阪・福岡の各会場で開催。応募締め切りは10月28日まで(消印有効)。

最終更新:8月22日(月)8時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。