ここから本文です

山田裕貴「全身全霊で宮本武蔵を生きたい」初主演舞台『宮本武蔵(完全版)』が開幕

デビュー 8月19日(金)22時1分配信

 俳優集団D-BOYSの山田裕貴が主演を務める、舞台『宮本武蔵(完全版)』が、本日19日より東京芸術劇場 シアターイーストにて開幕。今作で舞台初主演を務める山田は「全身全霊で宮本武蔵を生きたいと思います」と意気込みを語った。

【写真】舞台『宮本武蔵(完全版)』初日の模様

 劇団「五反田団」主宰の前田司郎が、同劇団初の“カツラ無き”本格時代劇として描き下ろし、2012年に上演された作品を新らに加筆し、舞台『宮本武蔵(完全版)』として上演する本作。これまで幾度となく映画やドラマ、舞台で描かれてきた伝説的なヒーローとしての宮本武蔵ではなく、臆病で人間臭い、等身大の若者としての武蔵が描かれ、そのだらしなさが笑いを誘う現代会話劇となっている。

 主人公・宮本武蔵を演じるのは、ドラマ『GTO』、『イタズラなKiss~Love in TOKYO』や、映画『ストロボ・エッジ』、『青空エール』、『HiGH&LOW THE MOVE』など、作品ごとに様々な役柄を演じている若手俳優・山田裕貴。2015年2月に行われた前田によるワークショップに、山田が参加したことからスタートした今回の舞台企画。そのワークショップで「俗にいうイケメン俳優だと思っていたが、こいつおもしろい芝居するな!」と前田をうならせたことがきっかけで交流が深まり、その後前田がメガホンをとった映画『ふきげんな過去』(6月25日公開)にも抜擢。そして今回の「前田司郎×山田裕貴」の舞台企画が実現した。

 共演者には、『BIOHAZARD THE STAGE』、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』など、近年数多くの注目舞台に出演している矢崎広、ドラマ『ドクターカー』、舞台『カサネ』など映像や舞台など幅広く活躍する遠藤雄弥、さらには前田司郎作品の常連でもあり、演劇界でも評価の高い内田慈や志賀廣太郎らが脇を固める。

 山田は初日を迎えたことに対し「まず無事に初日を迎えられたこと、本当に嬉しく思います」と語り、「前田さんの宮本武蔵は本当に繊細で人斬りでひとりぼっちな宮本武蔵だからこそ、誰かと繋がっていたいち思うすごく人間味のある武蔵です!演じる上ですごく難しい部分もありますが、お客様に楽しんでいただけるよう、全身全霊で宮本武蔵を生きたいと思います」とコメントを寄せた。

 舞台『宮本武蔵(完全版)』は、8月19日(金)~29日(月)まで東京芸術劇場 シアターイーストにて上演される。なお、本公演のDVDが11月16日に発売されることも決定。

最終更新:8月19日(金)22時1分

デビュー