ここから本文です

櫻井圭登「脱ぐシーンではぜひ注目して」美しく艶やかに歌い舞い踊る「歌謡倶楽部『艶漢』」開幕

デビュー 8月20日(土)14時20分配信

 尚月地によるマンガ『艶漢(あでかん)』を基にした、舞台「歌謡倶楽部『艶漢』」が、19日にサンシャイン劇場にて幕を開けた。初日公演前には公開ゲネプロが行われ、主人公・吉原詩郎役の櫻井圭登らキャスト陣が本番に向けての意気込みを語った。

【写真】歌謡倶楽部『艶漢』ゲネプロの模様

 原作は、『ウィングス』(新書館)で連載中の尚月地氏のよる漫画で、星燈国と呼ばれる架空の国内にある幻灯町という町を舞台に、中性的な見た目で男女ともに魅了してしまう美少年の傘職人・詩郎と、熱血正義漢(妹萌え)な巡査殿・光路郎が、街中で起こるエログロな猟奇事件の謎を追う物語。2016年3月に「浪漫活劇譚『艶漢』」として舞台化されると、エログらアンダーグラウンドな世界観を見事に表現し、話題を呼んだ。

 今作の歌謡倶楽部『艶漢』は、原作本編のストーリーラインに沿って描く舞台とは別基軸で描かれた作品で、お芝居に加えて、個性豊かなキャラクターたちがポップスや歌謡曲など、様々な楽曲を歌い踊る歌謡エンターテインメントショーとなっている。ジャグリングや日本の伝統芸能である講談のパフォーマンスなど、本物のパフォーマーも登場し、舞台をさらに彩る。

 ユルイ着流しにノーフンがちな(フンドシをしない)詩郎役を演じる櫻井は「前回の公演とはまた違った詩郎をお見せできるんじゃないかなと思います。『艶漢』ならではのエンターテイメントを、みなさんと一緒に共有できたら」とコメント。誠実で男気あふれる熱血巡査・光路郎役の末原拓馬は「浪漫活劇譚のときは、暗い部分もあったりいろいろなストーリーの繊細なところを攻めたんですが、今回はとにかく楽しく元気になってもらおうということを強く意識しました」と明かし、「みなさんに力を与えるような、パワースポットのような場所になれたらいいなと思います」と意気込みを語る。

 露出度の高い奇抜な衣装に身を包み、弟分の詩郎に罵倒されるのが大好きという強烈なキャラクター吉原安里を演じる三上俊は「浪漫活劇譚とは180度ベクトルが違う作品ですが、安里としては、”喘ぐ”、”脱ぐ”とやっていることは変わらないので、お楽しみいただけるかと思います」と語り、「いい意味で『艶漢』に期待している皆さんを裏切って、度肝を抜きたいと思います」と宣言。一方、六口役の田上真里奈は「浪漫活劇譚のとき同様、ものすごい存在感を放つ“艶漢感”をひしひしと感じております。我々キャストはドヤ顔でパフォーマンスしてまいりますので、お客様も引かずにどんどん前のめりになっていただけたら」とコメント。

 光路郎の妹・アグリを演じる小槙まこは「前回の浪漫活劇譚とはまったく違った形で『艶漢』をお届けできることが楽しみですし、お客さんの反応がすごく楽しみです」と笑顔を見せる。光路郎の兄貴分・荒上三郎太を演じる羽場涼介は「浪漫活劇譚に引き続き、また三郎太と出会たことが嬉しい。今作を通して、すべてのお客様に新しい『艶漢』のイマジネーションをお届けできたら」と語り、光路郎や三郎太の上司・早乙女水彦を演じる堀越涼は「舞台で歌を歌った経験はほとんどないんですけど、せめて初日は大きい声で歌いたい」と決意を新たにした。

 漫画から飛び出してきたかのような個性溢れるキャラクターたちが、美しく艶やかに歌い舞い踊る姿や、舞台上で次から次へと繰り広げられる圧巻のパフォーマンスなど、ド派手な歌謡ショーは今作の最大のみどころ。さらに、前作同様、何かと脱ぐ癖のある詩郎のはだけるシーンや詩郎と安里の濃厚できわどい関係性やお色気シーンも。歌謡ショーの合間合間に展開される芝居部分では、詩郎と光路郎の熱き友情、詩郎と安里の歪んだ兄弟愛、光路郎と三郎太との固い絆などのキャラクターたちの心情も描かれる一方、コント風なコミカルな芝居や、日替わりゲストによる観客を巻き込む芝居など、見どころ満載の内容になっている。

 19日の日替わりゲストとして出演し、『艶漢』への想い、キャスト、スタッフへの感謝の言葉、作品愛などを綴った手紙を読み上げた林野健志は「久しぶりに『艶漢』の世界に戻ってきて、改めて作品愛に溢れている現場だなと思った」と語り、「観に来てくれるお客様も『艶漢』が大好きで心待ちにしてくれているお客様がたくさんいると思うので、みなさんと一緒に楽しんで、そして可能性をものすごく秘めた作品だと思いますので、あっと驚かせたい」と意欲を見せる。

 最後に櫻井は「みなさんと一緒に共有して楽しんでいきたいなと思って作ってきました。サンシャイン劇場を『艶漢』の世界で巻き込んで、『艶漢』ワールドをみなさんと一緒に思いっきり楽しみたい」と笑顔を見せ、さらに「体重がすごく落ちたので、脱ぐシーンではぜひ注目してほしいです!」とアピールした。

 歌謡倶楽部『艶漢』は、8月19日(土)~21日(日)まで、サンシャイン劇場にて上演。

(c)2016尚 月地・新書館/幻灯署活劇支部

最終更新:8月20日(土)14時20分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。