ここから本文です

ベック「明るい曲を作るの大変」

BARKS 8月19日(金)12時42分配信

ベックは、ニュー・アルバムを明るい、聴く人を元気にさせるような作風にしようとして、苦労したそうだ。想像に難くないが、メロウやダークな曲を作るほうが彼にとっては自然だという。

◆ベック画像

ベックは『Q』誌のインタビューで、こう話した。「(制作中)ずっと曲のテンポを速めようとしていた。アップリフトなものを作りたかったんだ。だって、憂鬱なアルバムは結構作ってきたからね。僕にとってはその種の音楽を作るのがとても自然なんだ。こっち(明るめな曲)のほうがかなり難しい。誰かを元気づけるより、ダークな感情を吐き出すほうが簡単だ」

前作『Morning Phase』(2014年)は、グラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤーをはじめ、最優秀ロック・アルバム、最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)の3部門を受賞。それ以降取り掛かってきたというニュー・アルバム(タイトル未定)は、10月に発表されるのではと言われている。

ベックは6月にニュー・シングル「Wow」をリリース。この夏はグラストンベリーやヨーロッパのフェスティバルでプレイした後、<Fuji Rock Festival>で来日も果たした。

Ako Suzuki

最終更新:8月19日(金)12時42分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。