ここから本文です

台風 北日本に爪痕 ハウスが冠水 牛舎屋根飛ぶ

日本農業新聞 8/19(金) 7:00配信

 JA十和田おいらせのむつ支店管内のイチゴ農家、村田睦夫さん(55)は18日、台風7号の接近で冠水したハウス20棟の復旧作業に追われた。日量200パック(1パック24~30玉)の出荷がストップし、被害額は500万~600万円に上る見通しだ。村田さんは「今は全国的にイチゴが品薄の時期で高値だったのに残念。水に漬かった時間は短かったため、出荷再開に望みをつなげたい」と話し、仲間と共に株に付着した泥水を洗い流した。

 管内では水稲と長ネギ、ダイコンなどでも一部で冠水。JAが被害状況を調査している。

 台風7号による大雨の影響で北海道東部では18日、河川の増水が相次いだ。北海道などによると十勝地方は17日夜以降、足寄川や利別川から水があふれた。東部では17日の暴風などの影響で広範囲で停電が発生。搾乳ができない酪農家が続出し、一部で生乳の廃棄も出た。

 弟子屈町南弟子屈地区では酪農家、小澤重則さん(55)の搾乳舎の屋根が飛ばされた。小澤さんは「屋根が飛ぶほどの暴風は初めて」と話した。

日本農業新聞

最終更新:8/19(金) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。