ここから本文です

日本最大16万トン級客船受け入れ「可能」 ひびき入港で北九州市

qBiz 西日本新聞経済電子版 8/19(金) 12:00配信

 北九州市若松区の貨物専用港「ひびきコンテナターミナル」(HCT)で大型クルーズ客船受け入れを検討している同市は18日、日本に寄港する客船では最大級の16万トン級までの受け入れが可能とする調査結果をまとめた。市は国内外の船会社に情報発信し、博多港(福岡市)に集中している大型クルーズ客船の取り込みを目指す。

北九州市、事業者の公募開始 響灘沖の洋上風力発電

 北九州市はHCTを管理しており、4~7月にかけて11万トン級、14万トン級、16万トン級の客船が入港できるかコンピューターによるシミュレーション調査を実施。海上保安庁などとも協議した結果、風速が毎秒12メートル以下、波高1・5メートル以下などの条件を満たす場合は、16万トン級でも安全に入出港できると判断した。

 市によると、これまで客船を受け入れてきた門司港は潮流が速く、5万トン以上の船が寄港できず、昨年の客船の寄港は4隻にとどまる。市は昨夏、HCTで7万トン未満までの受け入れを決める一方、16万トン級までの船が着岸できるか調べていた。

西日本新聞社

最終更新:8/19(金) 12:00

qBiz 西日本新聞経済電子版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。